転職する前に準備すること

転職する前に準備すること

転職前に準備しておく事は幾つかあります。まず一番は何故転職しなければならないのか、その理由と動機をしっかりと整理しておく必要があります。転職しなければならない理由は、現在勤務している職場の上司に足してもしっかりと説明する事が求められると言う事になるからです。

相手に対して説得できる事が大切

転職する前に必要な事、それは如何に相手に対して、自分のこれから先の事をしっかりと説明して納得させられるかがポイントとなります。一度採用した職員を、簡単に手放すと言う事を社会はしないからです。そのために会社の理に反した者以外は勝手に社会としても解雇出来ないと言う事になっています。そのために職替えをする理由としても、自分の動機をしっかりと相手に伝えて納得してもらうと言う事が重要になります。つまりは円満退職と言う事になる訳です。そしてこの円満退職には大凡2カ月の時間が掛かる事もあります。その期間で今までの仕事を引き継ぐと言う事が求められると言う事です。

並行して動くと言う事が必要です

転職する場合は事前に動く事が必要になって来ます。まず転職すると言う意志を固めます。そしてその動機付けをしっかりと整理します。そうしながらも、次の転職先を探すと言う動きに転じます。これはつまりは準備と言う事になります。仮にヘッドハンティングであればこの準備は必要ではなく、現在働いている職場の上司にその意志を伝えるだけです。ですが、自分の方から転職する理由がある場合は、次の職場を探すと言う事を地道に続ける必要があります。大凡数か月前からの準備と言う場合もあります。ひとつの候補ではなく、複数の候補として挙げる事が寛容となります。

転職前に必要な事はいろいろあります

記事のイメージ画像

何故今の職場では継続出来ないかを追求して、次の目標を設定し整理して上司に説明します。それと同時に次の目標としている仕事の動機を自分なりにしっかりと相手に説明して納得してもらえるように整理しておく事が必要です。上司の説得に成功したら、今度は今の職場での仕事の引き継ぎ事項となります。つまりは立つ鳥跡を濁さずと言う事です。そしてもう一つ重要な事があります。何十年も今の職場で業績を残した職員であれば尚更ですが、報酬関係はしっかりと受け取るのが寛容です。そのためにしっかりと計算しての円満退職と言う事を目指すと言うのが理想です。つまは賞与がある職場であるならば、その権利を行使するのが寛容と言う事です。

まとめ

転職前の準備とはつまりは現在の職場にしっかりと退職する事の説明が出来ると言う事です。そしてそれと同時に、自分がこれから先に、どの仕事で将来設計をして行くかと言う事をも現在の上司に納得させられるかも必要な事になります。そして離職票を受ける事が何よりも寛容と言う事になります。つまりは円満退職となります。

比較ページへのリンク画像