デザイン系の仕事で生かせるスキル

デザイン系の仕事で生かせるスキル

インターネットインフラの発展と、スマートホンやタブレットの急速な普及によって、IT系の業界には新しい需要が生まれています。特にWeb系においては、スマートホンをターゲットとしたアプリやサービスの需要が急速に拡大を続けている状況です。

まだまだ拡大を続けるWeb系サービスの需要

インターネットの端末としてこれまで主流だったパソコンの需要が横ばいを続ける中、スマートホンやタブレットは老若男女を問わず多くの人によって利用されるようになってきました。これまで携帯を使い続けてきた比較的高齢層の人々も、ディスプレイが大きくなり、また使い易いアプリが増えてきたことによって、スマートホンへ次々と移行しています。当然ながらスマートホンアプリやWebサービスの需要も拡大を続けており、その結果としてとWebデザイン系の仕事も増加を続けています。これまでアナログによるデザイン系で働いてきた人々も、自らのスキルを生かせるこの新しい分野に次々と参入を始めているようです。

Webデザイン系の需要及びその将来性

Webデザイン系のお仕事は現状から見る限り、今後も長く伸び続けていくものと考えられます。需要の伸びに大して、明らかに人材の供給が追いついていない状況が続いているのが現状です。このことは未経験者や他業種からの転職も十分に可能な状況を作りだしています。特に異業種からWebデザイン系に転職する場合は、現在持っている仕事のスキルや実績を生かせるチャンスがあるかも知れません。未経験者であっても、Webデザイン系に生かせるスキルを習得しておくことで、転職の成功率を大きく高めることができるかもしれません。現在の転職売り手市場である限り、必ずチャンスはあると考えて良いでしょう。

Webデザインを活かすスキルとは

具体的にWebデザイン系の仕事で生かせるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。具体的な職種によっても変わってきますが、デザイン系の資格としては、Webデザイナー検定やDTPエキスパート、色彩検定といったものがあります。ただデザイン分野ではこうした資格よりも、実際のセンスが問われることが多いのも事実です。転職のために資格を取るのであれば、IT系の資格が良いでしょう。デザインが出来てITがわかるというのは、Webデザインのお仕事においては大きなアドバンテージとなってくるからです。Webという性質上、インターネットやサーバー、HTMLといった技術面についての知識は、少なからずデザイナーにも要求されるものであるということを知っておきましょう。

まとめ

インターネットの発展とスマートフォンの普及によって、Webデザインのお仕事の需要は拡大を続けています。転職市場は売り手市場となっており、未経験者や異業種からの転職であっても、十分活躍のチャンスがあります。

比較ページへのリンク画像