クリエイティブ系の仕事で役立つスキル

クリエイティブ系の仕事で役立つスキル

クリエイティブ系の仕事と言っても数多くあります。デザイン系から、編集、ライターなどの執筆系など。このコラムではテキストライター系の仕事に役立つスキルをご紹介しようと思います。エディタやソフト、技術面などにスポットを当てていきます。

まずは文字を打てなくちゃ仕方ない

記事のイメージ画像

まず、ライターとしてクリエイティブ系の仕事をやっていく上で重要なのはタイピングができることです。文字をきちんと打てないと、頭の中で思いついたせっかくのアイデアを形にすることができません。ただ「タイピングができる」というのと「仕事に役立つスキルとしてタイピングができる」というのは、少し違います。タイピングにはホームポジションという手の形があるのです。両手を開いて、正しい指でキーを打つことで、速さと正確さのスキルが高くなります。これらは仕事をする上で非常に大切になってきます。キーボードの文字配列によってホームポジションは変わってきますが、自分にあった文字配列とポジションを覚えることが大事になるでしょう。

自分に合ったテキストエディタを選ぼう

自分の力にあったテキストエディタを選ぶことは、クリエイティブ系のライティング作業にとって大事なポイントになります。特に今は、パソコンやタブレットPCが多く出回ったことによるテキストエディタの多様化がみられるのです。パソコンで書くこともできますし、スマートフォンやタブレットにBluetoothキーボードを接続することで、パソコンのように使って好きな形で文字を書くことができるのです。テキストエディタは自分のアイデアを形にするのにとても大事なもの。自分に合ったものを選び取って、自由に文章を書いていくことが、ライティング作業にとって大事になります。

ワード、エクセルなどの書類作成ソフト

書類を作成する能力があることは、ひとつのスキルとしてとても重要です。書類を作成できないと仕事に支障が出てしまうことも少なくありません。書類を作るのに必要なのが、このワードとエクセルなのです。これらのソフトウェアは、大元が出しているソフトウェア以外でも、無料で使えるフリーソフトがあります。それらのソフトを使って、少しでも書類を作れるようになることが自分のスキルを仕事に役立てることに繋がるのです。このワードとエクセルを使用できることは必ず役立つスキルと言えます。クリエイティブ系の仕事をする以外でも、書類を作ることは大事だと言えるでしょう。

まとめ

クリエイティブな仕事をするということにおける、大事なスキルを三つ紹介しました。ホームポジションで文字を打てること、自分に最適なテキストエディタを見つけること、書類作成ソフトを使いこなせるようになること。この三つが、クリエイティブな仕事をする上で重要なスキルだと言えます。

比較ページへのリンク画像