営業系の仕事で役立つスキル

営業系の仕事で役立つスキル

営業系の仕事は非常に大変な職種ですが、稼げて遣り甲斐があるので若い方に人気です。しかし、闇雲に行っていては結果を残すことができないので、しっかり役立つスキルを身に付け、様々な情報を集めておいた方がいいでしょう。

営業の種類と主な仕事内容について

営業系の仕事は、新規顧客獲得型と既存顧客サポート型の二種類あります。どちらも売上げを向上させるために必要ですが、会社によっては新規顧客獲得型のみで運営している所もあります。新規顧客獲得型の営業は、電話でアプローチをするコールセールスと、訪問して契約、販売を行うダイレクトセールスの二通りです。既存顧客サポート型は、既存の顧客を定期的に訪問して発注を受けるルートセールスや、店舗を構えて販売、サポートを行う店舗営業が当てはまります。大まかに分類すると四通りになり、それぞれ役立つスキルやノウハウが違ってくるので、営業の種類にに応じて能力を向上させていかなくてはいけません。

新規顧客獲得型の営業に役立つスキル

営業系の仕事はどのタイプも大変ですが、新規顧客獲得型は毎月の契約件数が重要になっているのでシビアな仕事と言われています。企業によっては、社員にやる気を出させるために毎月のノルマを設定し、歩合制を導入している所もあります。新規獲得型の営業に役立つスキルは、人と対話するコミュニケーション能力とトークスキルです。短いスパンで契約を獲得しなければいけないので、相手に信用してもらえるような口調、言葉遣いを身に付けておいた方がいいでしょう。営業のトークスキルを身に付けるための書籍もたくさん販売されており、多くの方が仕事のために活用しています。又、信用を得るために商材や契約概要の知識をしっかり付けておき、相手に質問をされてもすぐに返答できるように心掛けましょう。

既存顧客サポート型の営業に役立つスキル

既存顧客をサポートする営業は、数字に追われるケースが少ないので比較的簡単だと思われています。しかし、適当に既存顧客を回ったり、適当な接客をしていると信用を失ってしまうこともあるので、できる範囲で必要なスキルを磨いておいた方がいいでしょう。既存顧客サポート型の営業は、トークスキルはそれほど重要ではありません。特に大事なのがコミュニケーション能力と、丁寧な対応、如何なる時もスムーズに対処できるノウハウが必要です。先方の担当者と仲良くなればなるほど信頼され、多くの仕事を貰えるようになります。又、クレームなどが起こった時に素早く対処できるよう、予めトラブル対策を練っておくことも大切です。ルートセールスや店舗営業は信用が第一で、一度信用の失うと大きな損害が出る場合があるので注意しましょう。

まとめ

営業の種類によっては、若い年齢でも業績次第で会社のトップになれることもあります。空いた時間を利用し、しっかり役立つスキルを身に付けることで、業務をスムーズに行うことができるようになり、業績の向上に繋がっていきます。

比較ページへのリンク画像