非公開求人とはなにか?

非公開求人とはなにか?

求人サイトを利用するときは、会員になるかならないかがあります。会員に登録してなると非公開求人を見ることができるようになります。公開分に比べてより多くの求人があるので、自分にぴったりの求人を探しやすくなります。

会員にならないと見ることができない

転職をしたり新卒で就職活動をするとき、求人サイトをチェックします。チェック自体は誰でもいつでも行うことができます。条件などを入力すればそれに合った求人情報が出てきます。その中から自分にぴったりの求人を見つけられれば問題はありません。でも、いま一つの場合もあれば、もう少しいい求人があればと考えることもあるでしょう。よく見ると非公開求人と書かれていることがあるかもしれません。なにかといえば、サイトに会員登録をすることで見られる求人になります。名前などの個人情報を登録することで、誰でも見られる求人以外に会員しか見ることができない情報を見られるようになります。

実際はほとんどが見ることができない状態

ネット上の求人サイトは、無料で利用することができます。転職などをする気がない人、やる気満々の人などいろいろな人が利用するでしょう。サイトを開くとすでにいくつかの情報が掲載されていることもあります。また、条件を入力するとそれに合った情報もいくつか見られます。それ以外にも非公開求人と呼ばれる情報があることを耳にするかもしれません。なにかといえば登録をして初めて見られる情報です。求人情報のほとんどは非公開求人であることを知らない人がいるかもしれません。サイトで100件見れても、実際の情報は千件近くあることもあります。登録しないとかなり損になります。

意欲の高い人を効率的に募集するため設定

少し暇だからサイトをチェックすることがあるでしょう。何となく求人サイトに目を通すこともあります。その中にちょっといい条件の求人があるかもしれません。特に転職の気持ちはなくても、気分だけで応募する人がいます。そんな人は、せっかく内定を受けても入社しません。採用する側とするとあまりうれしくない応募になります。非公開求人とはなにかですが、採用側が意欲の高い人を採用したいと考えるときに指定する方法です。サイトに登録していない軽い気持ちの人は情報が見られません。意欲の高い人が応募をしてくれるので無駄がないと言えます。採用側が採用コストを抑えられます。

まとめ

求人情報には、誰でも自由に見ることができる公開求人と、サイトに登録しないと見られない非公開求人があります。求人情報数は非公開の方が多いとされています。採用を出す側は、より真剣に活動している人を採用できます。

比較ページへのリンク画像