スキルアップは在職中にすべき

スキルアップは在職中にすべき

日本全体の景気が上向きつつある現在、転職するには絶好の時期が到来しています。転職を有利に運ぶために今より更にスキルアップする必要があるのであれば、会社を辞めてからではなく、現在のお仕事にいる間に行うのがベストです。

緩やかな景気回復が続き、転職には有利な時期が到来

政府は2017年4月度の経済報告において、世界経済の判断を「緩やかに回復している」という評価に引き上げたことを発表しています。これは米国の景気回復などを反映したものですが、国内に対する景気判断については「緩やかな回復基調が続いている」と評価しています。派手な景気回復が謳われているわけではありませんが、何十年にもわたるデフレ不況が続いてきた状況を鑑みると、確実に景気は回復傾向にあるということができるでしょう。実際、現在の国内における雇用状況はかなり改善されてきており、分野によっては有効求人倍率が2.4倍を超えている状態が継続しているものも少なくありません。

ここ数年は転職するのに絶好の時期

緩やかな景気回復と言っても、個々人には中々その実感を掴むことはできません。しかし、求人に対する需要と雇用状況を見る限り、景気が上向き傾向にあることは確かです。2020年に開催される東京五輪に向けたインフラ整備や新規ビジネスは着実に求人数を増やしています。特に建築・土木、IT関連の分野においては元々人材が不足していたことから、各企業が人材の確保と育成のための努力を続けている状況です。こうした状況は少なくともオリンピックが終了するまで継続することは間違いありません。転職希望者にとっても非常に有利な状況が続くものと考えられます。

スキルアップは在職中から取り組むことが大事

転職市場が売り手市場であったとしても、人気の職種は競争率が高く、またよりグレードの高い企業を狙うために努力することが大切です。転職を有利に進めるために現在よりもスキルアップが必要であるならば、なるべく早く取り組むようにしましょう。もし在職中であるならば、現在の仕事をこなしながらスキルアップに取り組むことがベストです。一旦、会社を止めてしまうと、それまで当たり前だと思っていた様々な保証や、時間の余裕がなくなり、勉強に費やす時間を十分に取ることが難しくなってきます。在職中にスキルアップすることができるというアドバンテージは最大限に活かしていくことが大切です。

まとめ

長らくデフレ不況の中にあった国内の景気状況は少しずつ確実に改善されつつあります。オリンピック開催に向けたインフラ整備や新規ビジネスが新たな雇用を生み出しており、まさに転職希望者にとってはチャンス到来の時期です。これから転職を有利に進めるためにスキルアップが必要な場合は、なるべく早い段階から取り組むことが大切です。

比較ページへのリンク画像