取得資格で転職成功率もアップ

取得資格で転職成功率もアップ

個人レベルではまだまだ実感がわかないものの、日本全体のマクロ経済は確実に景気上昇方向へと進んでいることは間違いありません。それは求人状況が右上がりに増加を続けていることからも推し量ることが可能です。転職を検討している方にとっては、まさに絶好の時期が到来したと考えて良いでしょう。

転職の成功率をより高めるための資格取得

求人会社の調査によると、転職に絞り込んだ求人倍率は2017年5月度において2.4倍前後となっています。こうした状況は、少なくともオリンピックが過ぎるまでは継続すると考えられています。実際に東京五輪の実施に向け様々なインフラ整備が進められています。またオリンピック需要を見込んで、全国各地で様々な企業がプロジェクトを立ち上げ始めています。そうした状況も重なってくるため、今後益々求人倍率が高まってくることは間違いないと言って良いでしょう。転職を希望する人にとっては非常に有利な環境が整ってきていることは確かです。しかし、景気動向に関係なく人気の職種や企業においては高い競争率が維持されています。厳しい競争に打ち勝ち、転職を成功させるためには、企業のニーズにあった取得資格を検討するようにしましょう。

どのような資格を取得すれば良いか

資格取得は、転職成功率をアップさせるための非常に有効な方策です。ただし、資格であれば何でも良いというわけではありません。取得資格については転職を希望する業界や企業が必要としている、スキルや資格をしっかりと調査した上で、そのニーズにあったものを取得することが重要です。また資格取得がそのまま転職成功率アップに繋がるわけではないことも理解しておきましょう。多くの資格は、その分野に関する基本的な知識や技能を持っていることを証明するためのものです。資格を持っているからと言って、それが直ちに即戦力となる証明になるということではありません。可能であれば資格を活かしたなんらかの実績を積み上げておくと良いでしょう。

キャリアプランに沿った資格の選択が重要

資格取得は単にその時の転職成功率をアップさせるためではなく、将来に渡るキャリアプランに沿ったものを選択するということも大切です。しっかりとした将来設計の中で取得すべき資格を明確にた上で、資格を増やしていけば、それは正に一生の宝になることは間違いありません。その時々の転職の成否がどのような結果となったとしても、それまでに取得した資格は確実にその人自身の宝物であり、それが次ぎの転職成功率のアップに繋がってくるはずです。また転職活動中に資格取得を目指す際には、なるべくスクール等に通うようにしてなるべく短期間で合格することを目指すようにしましょう。まさに時は金なりです。

まとめ

転職成功率を高めるための取得資格は、企業の需要を十分に調査・検討した上で行うようにしましょう。そうした努力を行うことによって、競争率の高い転職先であっても、他のライバルより頭一つ抜き出ることができるようになるはずです。

比較ページへのリンク画像