年収交渉の注意点と対策

年収交渉の注意点と対策

特に転職して新しい会社に勤めようとしている人にとって大事なのが新しい会社での年収ですよね。しかし、ほとんどの人が会社が定めた給料に甘んじているのではないでしょうか。会社が定めた給料に甘んじていると、その低い給料に悩まされることとなります。

年収の交渉をするのは当然の権利

会社の定められた給料に甘んじないためには、新しい会社に転職する際に年収交渉をすることが必要不可欠です。新しく一から勤める会社に対して自分の年収交渉をするというのはとても失礼にあたるのではないかと考える人も多いかもしれませんが、自分の権利を会社に対して主張するという事は従業員に与えられている当然の権利なのです。与えられた権利を主張するという事は何も間違ったことではありません。しかし、誰でも年収交渉をしても良いというわけではなく、年収交渉をする際にはいくつかの注意点があります。交渉を成功させるための注意点と対策を学びましょう。

転職先の業務が未経験なら交渉してはいけない

まず、年収交渉して成功するには条件をいくつかクリアする必要があります。自分がその条件を満たしているかを知ることが交渉成功のための一つ目の注意点です。まず、自分が新しい職場での業務を過去に経験したことがあるかどうかを確認しましょう。もし未経験であれば交渉をするのはご法度です。未経験であれば教育起案として半年は必用で、その間は戦力としては期待できないですよね。逆に転職先の業務を経験しているのであれば、即戦力になることが可能です。教育のための期間を省くことが出来るので、その点は存分にアピールして年収をアップしてもらうように交渉しましょう。

前の会社と転職後の会社がライバル関係ならチャンス

また、同じ業務の別会社に転職するのであれば、転職前に自分の勤めていた会社と転職先の会社の関係を事前にチェックしておきましょう。もし転職先の会社と自分が勤めていた会社がライバル関係にある場合はチャンスです。この場合は相手にとって有益な情報を相手に提供できるため、その有益な情報を年収交渉の材料にすることが可能です。条件を満たしていても具体的に対策を練っておかなければ交渉は失敗します。年収の交渉は無計画で行わないようにするというのも注意点の一つです。天職を決めた時点で最低ラインの年収を決め、それ以下の旧量子化出さない企業には転職しないという気持ちで職場を探しましょう。

まとめ

会社に勤務している従業員は誰でも年収を交渉する権利を持っています。特に転職して新しい会社に就職する際の面接時は年金を交渉する大きなチャンスです。しかし、実際に年収の交渉を成功させるためには事前に対策を練ることが必要です

比較ページへのリンク画像