転職する時に必要な法定手続き

転職する時に必要な法定手続き

転職するときには、会社の方からどんなことをしないといけないかなどを教えてもらえるでしょう。税金関係のことは、自分で行わないといけない場合が多いです。社会保険や雇用保険は人によって必要になるので注意しましょう。

失業期間があくなら社会保険関係を自分でする

記事のイメージ画像

会社に入社すると、通常は社会保険に加入をします。健康保険と厚生年金保険です。これらの手続きは、基本的には会社がすべて行ってくれます。年金手帳などを持ってくるように言われるので、それを渡せば自分では何もする必要はありません。転職するときの法定手続きも会社が喪失の手続きを行ってくれるので特に行う必要はありません。ただし、次の会社に入社するまでに空白期間ができる場合があります。1日でも空白期間があるなら、社会保険関係の処理をする必要があります。健康保険なら、任意継続をするのか、国民健康保険などに加入をしないといけません。年金は国民年金の第1号としての手続きをします。

失業保険をもらうなら雇用保険の手続き

失業をすると、その間の生活費が困ります。それを配慮した保険として雇用保険があります。受ける人からすると失業保険と呼ぶことがあるかもしれません。転職するとき、すぐに次の会社に入社する場合には、失業保険の申請をすることはないでしょう。多くの場合は自己都合退職になり、3箇月は失業保険を受けることはできません。ただ、3箇月以上間があくなら、法定手続きとして失業保険の申請を行うようにします。注意としては、離職をした後に手続きをしないと待機期間が始まらないことです。すぐに決まりそうでも、一応は手続きをしておきましょう。受けなければ、給付の期間に影響しません。

税金関係の手続きを行う必要がある

会社に勤めていると、税金関係の法定手続きはほぼ会社が行ってくれます。所得税は毎月の給料から源泉徴収して納付してくれます。年末調整で、所得税の申告も納税も終えられます。住民税は多少異なりますが、会社の方で徴収や支払いをしてくれる仕組みになっています。転職するときには、所得税は自分で確定申告をする必要が出てくるかもしれません。その年中に決まれば、源泉徴収票を次の会社に渡せばンエ松調整ができます。住民税は、一括納付するか自分で払うかを決めます。自分で払うときは、納付手続きを自分で行います。次の会社で特別徴収してもらうこともできます。

まとめ

転職する時には、すぐに次の会社に入社するときはあまりすることはありません。税金関係は自分で行わないといけない場合があります。次の会社に入社するまでに間があるときは、社会保険や失業保険の手続きが必要かもしれません。

比較ページへのリンク画像