転職成功までの平均期間

転職成功までの平均期間

デフレ不況から脱しつつある日本の景気動向は、緩やかながらも上昇傾向にあることは間違いありません。個人においては、まだまだその実感を得ることができる状況になっているとはとてもいえませんが、マクロ経済の視点からは、景気上昇の傾向を見て取ることができます。

これからオリンピックの間が転職に絶好のタイミング

転職を考えている方にとって、現在は絶好のタイミングが来ていると言って良いと思います。ひとつの目安として東京五輪の開催が挙げられます。オリンピックに向けてのインフラ整備や、オリンピック特需を狙った様々なプロジェクトが稼動しているからです。逆にオリンピックを越えてしまうと、その反動や揺り戻しの期間が来るため、転職するのに適したタイミングとしてはオリンピックまでと考えて良いでしょう。現時点では、転職市場は求人の方が多い状況なので、キャリアプランやライフプランをしっかりと練った上で、自分の目的に適う企業をじっくりと探してみるのも良いかもしれません。

転職成功に至るまでの凡その平均期間

転職の決断をした場合、転職の目的や目標を明確にし、綿密な計画を立てて行うことが転職成功の秘訣です。特に日程については余裕を持ってスケジュールを立てるようにしましょう。実際に転職活動に動き始めてみると様々な手違いや手続きの遅れなどによって、だんだん日程に余裕がなくなってくることが多いからです。一般的に転職成功に至るまでの活動に要する平均期間は2~3ヶ月が多いと言われています。あくまで平均なので、状況によって異なってきますが、転職先の内定が決まって、現在の仕事を引き継ぐまでに要する期間がこれくらいだと言われいます。

転職成功の秘訣は具体的な事前の計画にあり

複数の会社に応募する場合には、特にスケジュールに余裕を持たせておくことが重要です。この場合、ほぼ必ずといって良いほど最初に予定していた日程は崩れるものと考えておいて良いでしょう。また期間に余裕を持たせることで、その間を使って自分のライフプランとキャリアプランを何度も練りなおすことができます。転職が成功したかどうかの判断は実際のところ難しいものです。しかしひとつの目安として言えるのは、転職にあたって、明確な目的や、具体的な目標を立てることができたか、そしてそれをどこまで達成することができたのかということで判断することができます。逆に言えば、こうした作業を怠ってしまうと、新しい職場に移ったとしても、現在と同じ不満をやがて抱えることになってしまうかもしれないということでもあります。

まとめ

転職に要する平均期間は2~3ヶ月であると言われています。実際に転職の計画を練る際には、こうした数値を参考にした上で、さらに余裕を持ったスケジュールを組むことが重要です。そうすることで多少のトラブルで日程が変わってきたとしても、安心して転職活動に専念することができるからです。

比較ページへのリンク画像